[UP] [HOME]

宇宙に外側はあるか

なぜ宇宙は存在するのか─。この宇宙は奇妙な謎に満ち溢れている。しかし、現在、人類の宇宙を見る目は大きく開かれつつある。いま、宇宙の何がわかっていて、何がわかっていないのか。宇宙の全体像とは? 宇宙の「外側」とは? 現代宇宙論のフロンティアへと旅立つ一冊。
2012年2月17日(金)発売。 2012年4月20日(金)電子版発売。

出版社の紹介ページ

著者
松原隆彦
出版社
光文社(光文社新書 564)
発行
2012年2月20日発行(258ページ)
ISBN 978-4-334-03667-6
本体780円+税
Amazonから購入 | 楽天ブックスから購入

私たちの住んでいるこの宇宙がここに確固として存在している、つまり唯一絶対の存在である、ということは疑いようもなく当たり前のことだと思われるでしょうか。実は、現代の物理学の知識をもってこの宇宙を眺めてみると、そんな基本的なことさえも疑わしくなってきます。 (プロローグより)

  • プロローグ
  • 第1章 初期の宇宙はどこまで解明されているか
  • 第2章 宇宙の始まりに何が起きたのか
  • 第3章 宇宙の形はどうなっているのだろうか
  • 第4章 宇宙を満たす未知なるものと宇宙の未来
  • 第5章 宇宙に外側はあるか
  • エピローグ

詳細な目次を見る

読者のための追加資料

出版に関する情報


Takahiko Matsubara
[UP] [HOME]
visitors, pageviews since 2005.1.10